こんにちは、悼む人(下)巻の続きがなかなか読めてない若旦那です。

 

友達のフェイスブックには花見や桜の写真を沢山見かけますが、能登はまだまだこれからの様子。

 

ここらでどのくらいまだまだなのか、カメラを持って出かけたいのですが、、、今年はなかなかそうは問屋がおろさないようです。

 

 

遠出を諦め自宅の周りを見てみると、庭に咲いていた椿が沢山花を咲かせていました。

咲いている椿ももちろん美しいのですが、花が落ちたあとの姿も綺麗だったので写真を撮ってみました。

この時期に、散ってしまった花を見るといつも受験時代のなごりか下記の歌を思い出してしまいます。

 

ひさかたの 光のどけき 春の日に 静心なく 花の散るらむ

 

古今集 紀友則

 

特に「らむ」が推量の助動詞で・・・みたいな記憶が。。。

そんな春あるある。

 

 

その他にも、ヒヤシンスや紫陽花、多田屋の客室から見る春の海もアップします。

 

ぜひ散歩やドライブの気持ち良い春旅に能登へいらしてください。

 

re_2015040301 re_2015040302 re_2015040303 re_2015040403

投稿時間:18:25 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若旦那日記