2007.07.29
前職時代。。  ( 若旦那日記

こんにちは。
昨日私の前職時代の友人が多田屋に来てくれました。
古い話や2人とも家業を継ぐ宿命の身の上話に花を咲かせました。
もう5~6年が経ちましたが、いまだに前職当時の夢を見ます。
私が昔働いていたのは某インターネット広告代理店。アメリカ留学の後に初めての社会人として勤めた会社です。そこで私は「社会人とはかくも大変なものか!」と思い知る事となりました。
何をどうしてよいか分からず、他の営業の先輩も自分のノルマに追われ、どうしてよいか分からないまま終電の毎日。終電は私の住んでいるアパートの1つ前の駅までしか停まらない事を後で知り、タクシーには乗車拒否され、怒る元気もなく歩いて帰る毎日でした。結局旅館の事情もあって、成果を残す事が出来ずに石川に戻る事となります。
それから時が経ち、社会人経験が少しずつ自信につながり、「今ならもっとこう出来る!」そんな思いからか必死になって営業している夢をよく見ます。
確かに辛かった経験ですが、それがあるからこそ今頑張れるエネルギーになっているのは間違いなく、逆にもしその経験が無かったら・・・・そう思うと怖いくらいです。
多田屋に来てくれた友人に会って、またその時の事を思い出しました。明日からまたバリバリ仕事に打ち込むぞ!同じ家業という境遇で頑張っている友人を見ていると、何か背中を押される思いです。
彼等にとって自分も刺激を与えられる存在でありたい!そう思いながら今朝お見送りしました。
そうそう私の友人もそうですが、最近若女将ブログの読者の方が良く多田屋に泊まりに来てくれてます。遠い所まで本当にありがとうございます!感謝。
それでは今日の一枚。
先日フーさんのお庭で撮らせていただいたトマトの写真です。小雨が降る中撮影。
能登だけではないでしょうが、農家の方は鳥や狸など自然の生き物との戦いの中で本当に美味しい野菜や果物を作って、そのお裾分けを持って来てくれます。本当に感謝です!
tomato.jpg

投稿時間:18:31 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若旦那日記 / コメント: (7件)