2008年02月のアーカイブ

こんにちは。久しぶりのブログになってしまいました。
まずは、前回のブログに温かいコメントを沢山頂戴しましてありがとうございました!!本当に勇気づけられます。
お泊りいただいているお客様からも、「テレビ見ましたよ!頑張ってね!」と声を掛けていただく事もしばしば。そんな時はなんとも照れくさい感じですが。^^;
さて、2月ももう終わりに近づき、とうとう春一番が吹いたように聞きました。
確かに先週の日中なんかは風はまだ冷たさを残していますが香りはもう春。
その時一緒にお見送りした仲居さんに、「もう春の香りがしますね!」って聞いたら、「あら、専務詩人ですね。」と言われました。「じゃあ普通はなんて表現するですか~?」って聞いたら、「光がもう春のものですね。」っと素晴らしく詩的に答えてくれました。う~ん、さすがは接客のプロ。
今週からまた少し冬型の天候で、今日も雪が薄く積もってます。1日で冬へ。それがこの時期の和倉の魅力ではないでしょうか。こうやって冬と春を繰り返しながら徐々に暖かな季節を迎えます。
そんな時期に感じる一瞬の春の気配!なんとも趣きがあって良いんです。寒い冬を乗り越えたご褒美のような、心がウキウキする気配。3月、4月、5月と春から新緑の季節は私が一番好きな季節です。
2月22日(金)に撮影した多田屋からの夕陽。ちょっと春っぽくないですか??
haruyuu.jpg

投稿時間:08:27 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若旦那日記 / コメント: (3件)
 

■ 能登の人が集まって、能登の魅力を話し合い、能登の魅力をたっぷり味わってもらえる旅がついに受付開始しました!!
---------------------
■ 土地の人が普段なかなか見る事の出来ない能登を紹介します。
   -100名限定 お座敷列車で行く能登-
■ 行程
出発は東京都:上野駅からお座敷列車に揺られ、能登の人との交流と地酒を楽しみながら一夜を過ごし、朝起きるとそこはもう能登半島。和倉温泉駅から多田屋にむかい、歓迎会とお昼を食べ、まずは広いお風呂で温泉にゆっくり浸かって下さい。
お昼の後は、①七尾 ②志賀町 ③穴水町 ④輪島市 ⑤能登町 ⑥珠洲 のコースより事前にお選び頂いた会場へ。
①七尾コースでは和倉温泉のある七尾市の魅力に迫ります。七尾は前田利家の出世城となった小丸山城の城下町で、お茶、着物、和ろうそくなどとても豊かな文化が育った地です。
お昼食後七尾コースをお選び頂いた方は多田屋にある桟橋より、天候が良ければ七尾湾クルーズへ出発次の会場へ。
夕食は地元の方と一緒に料亭・福井亭で楽しいひと時を過ごし、お泊りは多田屋。ふたたび温泉でお疲れを癒していただけます。オススメ!
その他のコースでも能登の人が能登の良さを伝える楽しい行程をご用意しております。
詳しくは下記URLをご覧頂き、ぜひ沢山のご参加お待ち致しております。
http://notobito.jp/jizake/index.html
ffune.jpg

投稿時間:08:07 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:お知らせ
 

生きている甘海老さん達ががたくさんやってきました!
ピチピチ跳ねているんです!。
(甲殻類が苦手な方ごめんなさい。)
是非見て下さいね↓
http://notonote.exblog.jp/8270430/

投稿時間:17:28 / 投稿者:若女将
カテゴリー:若女将日記 / コメント: (2件)
 

皆様、おはようございます。
本日は皆様への感謝とお礼の気持ちのブログです。
テレビ放映をごらん頂き、有り難うございました。
また、たくさんの温かいお言葉、励ましのお言葉。
家族みんなでひとつずつ拝見させていただきました。
本来ならば、お一人お一人にお返事をさせて頂きたいのですがそうもなかなかいかず、(少しずつできたらと思っています。)先ずはこの場をお借りしてお礼を申し上げたいと思います。
本当に有り難うございました。 
あの番組は、取材スタッフの方々との信頼関係でできた番組です。
若旦那や私達が苦しい時に、助けてくれたのもスタッフの方々でした。
だから私達は、撮られているという感覚はあまりありませんでした。
(それは若女将だけでしょ!と隣で若旦那が言っております。苦笑)
これもひとつに大切な出会い。
そして皆様との出会いを作ってくれた文化工房さん、本当にありがとう。
私は能登で頑張ります☆
若旦那と力を合わせて、自分達らしいお宿を作りたいと思っています。
それはとてつもなく時間のかかる事かもしれませんが、きっと大丈夫。
いつか皆様にお会いできる日を楽しみにしています。
私達はずっとず~と能登にいますので、ゆっくりゆっくりいらして下さいね。

投稿時間:17:32 / 投稿者:若女将
カテゴリー:若女将日記 / コメント: (8件)
 
2008.02.09
もうすぐ1年。  ( 若旦那日記

私達夫婦が能登に戻って来てから1年半が経ちました。
戻って半年で起きた地震。もう1年経とうとしているのか、まだ1年なのか分かりませんが、本当に色んな事があった1年間でした。
2月10日に再放送になった「花嫁のれん物語」。すぐにテレビカメラに順応した社長&若女将をよそに、最後まで慣れる事なく1年が経ちましたが、今思えばその撮影のお陰で父との距離が近づきました。
父であり家族であり社長という関係は、十数年ぶりに能登に戻って来るとどう接して良いのかさっぱりわからなかったのを思い出します。
当時は少し避けるようにしていたのですが、撮影の方を通訳代わりにしてお互いの思いを知る事ができ、直接話す機会も増えました。また同時にぶつかる機会も増えたわけですが、それを通してやっとコミュニケーションの取り方がわかったんです。
今では若女将ブログの写真に出ているような良い関係を作るまでになりました。まだまだお互い意地をはったり、仕事の事でもめる事もありますが、仲直りも早くなったのが救いの種です。
家族仲良く助け合って、どんどんお客様に喜んでいただける宿にして行きたいと思います。
gaikaan.jpg

投稿時間:19:19 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若旦那日記 / コメント: (79件)
 
2008.02.09
今年のおひな様  ( 若女将日記

みなさん、こんにちは。
旅館ではおひな様を飾りました。
今年は、ちょっと変わったとても可愛いおひな様です。
是非ご覧下さい。↓
http://notonote.exblog.jp/8193067/

投稿時間:19:04 / 投稿者:若女将
カテゴリー:若女将日記 / コメント: (56件)
 
2008.02.03
今年の恵方は…  ( 若女将日記

今日は節分ですね。
みなさんは、お豆や恵方巻を食べましたか?
と…その前に、皆様にお礼を!
花嫁のれん物語の再放送を楽しみにして下さっているようで
本当に嬉しいです。(でも、どうなっているかとても心配。)
皆様、本当に有難うございます。
さて、今年の恵方は 『南南東』。
女将がみんなに太巻きを買って来てくれました。
『あっち向いて!しゃべっちゃダメ!』
従業員みんなで、黙々と食べました。
皆様のところにも福が訪れますように☆
               

投稿時間:17:55 / 投稿者:若女将
カテゴリー:若女将日記 / コメント: (5件)
 

昨年放送されました「花嫁のれん物語」が、ニューヨーク・フェスティバルという国際的な報道番組のコンテストで賞をいただきました!
私も詳しくわからないのですが、由緒あるフェスティバルだそうです。
その受賞があって、2月10日(日)に再編集を加えたバージョンの「花嫁のれん物語」を放送する事になりました。
■ 番組あらすじ
一昨年(2006年)4月東京から和倉温泉の老舗旅館(多田屋)に嫁いで来た若女将が、涙とともに成長していく姿。そして3月25日の能登沖地震は旅館にどのような爪痕を残したのか。その間で繰り広げられる家族の人間模様をノンフィクションで放映致します。
1年以上の年月と160時間の撮影を約1時間にまとめた番組です。
当館の事だけでなく、1年間で撮影された四季折々の能登の魅力も、今回沢山の方にご覧いただければ幸いです。
■ 詳しい放送日程は、
・放送日: 2月10日(日)  13:55~15:00
・番組名: ザ・ノンフィクション 「花嫁のれん物語~地震に負けるな能登半島~」
・放送局: フジテレビ系列
・放送エリア: 関東ローカル

投稿時間:08:49 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:お知らせ / コメント: (44件)
 

こんにちは。久しぶりのブログになってしまいました。
まずは、前回のブログに温かいコメントを沢山頂戴しましてありがとうございました!!本当に勇気づけられます。
お泊りいただいているお客様からも、「テレビ見ましたよ!頑張ってね!」と声を掛けていただく事もしばしば。そんな時はなんとも照れくさい感じですが。^^;
さて、2月ももう終わりに近づき、とうとう春一番が吹いたように聞きました。
確かに先週の日中なんかは風はまだ冷たさを残していますが香りはもう春。
その時一緒にお見送りした仲居さんに、「もう春の香りがしますね!」って聞いたら、「あら、専務詩人ですね。」と言われました。「じゃあ普通はなんて表現するですか~?」って聞いたら、「光がもう春のものですね。」っと素晴らしく詩的に答えてくれました。う~ん、さすがは接客のプロ。
今週からまた少し冬型の天候で、今日も雪が薄く積もってます。1日で冬へ。それがこの時期の和倉の魅力ではないでしょうか。こうやって冬と春を繰り返しながら徐々に暖かな季節を迎えます。
そんな時期に感じる一瞬の春の気配!なんとも趣きがあって良いんです。寒い冬を乗り越えたご褒美のような、心がウキウキする気配。3月、4月、5月と春から新緑の季節は私が一番好きな季節です。
2月22日(金)に撮影した多田屋からの夕陽。ちょっと春っぽくないですか??
haruyuu.jpg

投稿時間:08:27 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若旦那日記 / コメント: (3件)