『スタッフ日記』カテゴリーのアーカイブ

みなさま、こんにちは!

能登地方では、雪の季節がはじまりました。

朝、屋根の上に白く残るものを見つけると、わくわくした気分になる、信田です。

 

さて、今回は、この季節だけの贅沢な贈り物ついてご紹介します。

 

それは一体なにかと言うと…

・お正月の贈答品です。

・外側と内側で食感の異なる食べ物です。

・外側は舌にひっかかるような少しざらざらとした歯ざわりで、噛むとしゃりしゃりしています。

・内側は濃厚な甘みでとろける食感です。しかしながら後味は意外とさっぱりしています。

・夕日のようなあたたかいオレンジ色をしています。

 

いきなりのクイズ形式ですが、ぴんと来た方もいらっしゃるのではないでしょうか?

 

答えは、ころ柿。

和倉温泉から、車で約40分の志賀町(しかまち)という場所で、多く生産されています。写真のように、晩秋には、カーテンのごとく、軒先にずらりと並んだ姿を楽しむことができます。

 

 

 

ころ柿は、2週間ほど乾燥させ、柔らかくなったら手でもみほぐし、また乾燥させる、という作業を一ヶ月繰り返す、手間ひまのかかるものです。

 

そんな高級なころ柿を、私、先日、縁あって分けていただきました…!贈答用のころ柿は、一つ一つ丁寧に袋に入れられており、大事に育てられたその姿は、お正月にふさわしいものでした。

 


 

 

さらに後日、当館車輌スタッフの手作り(!)をいただく機会にも恵まれました。贈答用と比べると素朴な見た目ですが、味はとっても美味しい!柿の優しい甘さに、能登の育む自然の豊かさを再び感じるのでした。

 

また、他のスタッフの話によると、スーパーでは、時期を外れると、ころ柿の切り落としがパックで安く販売されるとのこと。

その上、志賀町には、その名も「ころ柿の里 しか」という道の駅があり、ころ柿ソフトが販売されているそう!

ころ柿は、贈り物としてももちろんですが、日々の暮らしにもしっかりと根付いていることを実感したのでした。

 

ぜひ、季節ごとに自然の恵みを楽しめる能登へお越しくださいませ。また、お車でお越しの際は、スノータイヤへの履き替えを忘れずにどうぞ!

投稿時間:18:55 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:スタッフ日記
 

こんにちは、先月、祖母が友達を連れ、宿泊してくれました。今でも幸せな気持ちにひたる「おかむー」こと岡村です。

 

さて、早いもので新年度4月になりました。春のはじまりに、私が春を感じたもの。それは数週間ほど前から通勤時にみかける、つくしです。

 

ここ数日、つくしを見ながら心がほっこりしています。写真は、夕日を撮影する際、見つけた夕日に照らされるつくし。夕日に照らされるつくしから優しい気持ちをもらいました。皆様も春を探してみてはいかがでしょうか?心がほっこりしますよ。

 

能登も少しずつ暖かくなってきました。県内出身者によると、あと数日ほどで桜もきれいに咲き始めるとのうわさです。

 

他にもキリシマツツジなど、能登ではこれから花が咲き誇る華やかな季節になります。

皆様のお越しをお待ちしております。

 

 

投稿時間:10:06 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:スタッフ日記
 
2017.03.15
伊藤が撮る!

TMC(多田屋Movieクラブ)の伊藤くんが、動画で能登の景色やお店、人、季節などをお伝えする「伊藤が撮る!」シリーズです。

 

→ 伊藤が撮る!「2017・空想鉄道紀行」へ

投稿時間:10:27 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:スタッフ日記
 

みなさま、こんにちは。

石川弁と富山弁の違いがようやくわかってきた、信田です。

 

テレビのCMで子供たちが歌って踊る『石川サンバ』を観ながら、より方言に親しんでいきたいと思います。

 

 

さて、立春はとうに過ぎましたが、以前と雪がちらつく和倉温泉。

しかしながら、館内では着々と春の準備が進んでいます。

今回はそのひとつをご紹介したいと思います。

 

それは、ひな人形。立派な七段飾りが、スタッフの手によって、ロビーに組まれました。

 

 

 

 

 

このおひなさまは、40年ほど前に作られた比較的新しいものだそう。七段の迫力は普段仕事をしていても目に入り、華やかな気持ちにさせてくれます。

ロビーのひな人形をご覧いただけるのは、旧暦のひなまつりである4月3日まで。お越しの際は、ぜひ春の訪れを感じていただければと思います。

 

さらに、実は多田屋には、通年でご覧いただけるおひなさまも飾られています。

 

それは、先代女将の好子さんが、嫁入り道具として持ってきたもの。

一体の大きさは10センチメートルほど。歴史を感じさせる丁寧で繊細なつくりです。

 

 

 

 

鍋島藩主の令嬢だった好子さんの品は、ひな人形以外にも多数飾られています。

1F大浴場への通りに展示してありますので、日帰り入浴の方もお気軽にご覧いただけます。

 

 

まだまだ寒い日が続きますが、空や海の色から、ゆっくりと、そして確実に春が近づいていることを感じます。

ぜひ、初春の風を待つ多田屋にお越しくださいませ。

投稿時間:17:04 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:スタッフ日記
 

みなさま、あけましておめでとうございます!

好きなおせちは錦玉子の信田です。

 

みなさまはどんな年末年始を過ごされたでしょうか。

 

スタッフのみんなによると、和倉温泉は、例年より暖かく過ごしやすい年末年始だったそう。雪が積もることもなく、春を迎えることになりそうです。

 

そんな初めてのお正月で、もっとも印象的だったのは、年始の行事には欠かせない「あれ」でした。

 

re_r0011058

 

それは、こちらの鏡餅。これは、玄関に飾られているもので、他に、調理場や大浴場などいたるところに飾られているのですが、そのすべてが、紅白なのです。

 

このおめでたい色づかいの鏡餅は、石川県全域で普及しているそうで、女将さん曰く加賀藩から広まったとのこと。ちなみに、スーパーで販売されている、中に切り餅が入ったプラスチックの鏡餅も紅白です!

 

常識だと思っていたことも、場所が変われば、当たり前ではなくなるのだと、新年早々、日本にいながらにして目から鱗が落ちたのでした。

 

2017年も、アンテナをより高くして、いろいろなことが発見できればと思います。

 

土地の文化を色濃く残す多田屋に、ぜひともお越しくださいませ。

投稿時間:17:43 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:スタッフ日記
 

みなさま、こんにちは!

冬はみかんが欠かせない、信田です。

 

クリスマスも過ぎ、あっという間に年の瀬ですね。

多田屋ブログには、新たに客室係のおかむーも参加しています。一緒に、より多くの魅力を様々な視点からお伝えすることができればと思います!

 

さて、今回は入社当時から気になっていたものをご紹介します。

 

それは、事務所に祀られているこちらの神棚です。

 

re_r0010998

 

そもそも神棚を祀る光景が、わたしには珍しいのですが、それよりも興味を惹かれたのは、下に飾られた大きな紙。上司に聞くと「どこにでもあるよー」との言葉。確かに、能登のいたるところ(一般のお家、お寿司屋さんや雑貨屋さん)で、神棚とこの紙のセットを目にします。しかし、事務所の一角を占めるその姿は、ふとした時に目に入る、気になる存在となっていました。

 

そんな不思議な紙の謎は、12月中旬、ご近所のJAに行った時に解けたのでした。

 

re_r0010842

 

場所はお店の入り口。お正月準備の目玉なのでしょうか、大々的に「あの紙」が販売されていたのです!

 

実はこの紙は「ほうらい」と呼び、能登地方でのみ用いられるそうで、やはり珍しいものなのでした。

 

毎年新しいものに取り替えて新年を迎えるという風習があるため、この時期はスーパーなどのいたるところで販売されているようです。多田屋でも30日には、新しいものに替わっていました。

 

住居に神棚を飾る文化さえ少なくなってきた現代で、いまも当たり前のように古くからの風習が暮らしに根付いていることはとても貴重だと感じます。

 

年末年始も、多くのお客様にお越しいただけるようです。

ぜひとも、みなさまも良い年をお迎えくださいませ。

 

 

 

参考 羽黒宮司「羽黒神社宮司のブログ」

http://ameblo.jp/hagurotetsu/entry-10869017573.html

2016.12.31

投稿時間:14:58 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:スタッフ日記
 

こんにちは、先日行われた社内忘年会では司会に初挑戦しました、「おかむー」こと岡村です。

 

早いもので、今年もあと僅かになりましたね。

皆様はやり残したことはありませんか?

 

さて、本日紹介する能登。

それは私が地元長野県から、多田屋の面接のために七尾市に訪れた際、口にした思い出深いお寿司のお話です。

 

面接のあと、和倉温泉駅の売店(現在、売店は営業していません)の女性に「有名なのよ」と太鼓判をおされ購入したお寿司になります。

 

そのお寿司とは、ずばり、「玉子巻き寿司」。それまでは海苔を使った巻き寿司のみ、口にしていた私にとっては、とても新鮮に感じたお寿司です。

 

無事にここ多田屋で働き始め、暮らしにも慣れたころ、美容室に訪れました。

美容師さんと、玉子巻き寿司の話題になり、七尾の玉子巻き寿司の元祖、松乃鮨を紹介していただきました。

 

そこで松乃鮨の玉子巻きの歴史を調べてみました。

 

ルーツは江戸。180年前、江戸の寿司職人が、当時の高級食材の卵を海苔の代わりに、贅沢に薄焼き卵で巻き寿司を作りました。その後、江戸幕府11代将軍、徳川家斉に献上されました。その玉子巻きを150年前に松乃鮨の創業者「善上エ門」が江戸から能登へ玉子巻を持ってきました。

松乃鮨では玉子巻きを「玉宝」と呼ばれています。

(引用:松乃鮨 http://matsuno-sushi.com/contents/gyokuho.html

 

先日、松乃鮨で食事をしていたところ、10切れ分、購入する近所の方がいらしていました。

re_%e5%86%99%e7%9c%9f%e5%80%99%e8%a3%9c%e2%91%a0

 

松乃鮨の玉子巻き寿司は、松乃鮨の他にも、能登の多様な土産が揃う、能登食祭市場や七尾市内の食品スーパーでも取り扱っているお店があります。

 

七尾でひそかに愛されるローカルなお寿司、玉子巻き寿司。

能登と言えば、おいしいお魚のお寿司ですが、合わせて玉子巻き寿司もいかがですか?

 

それでは皆様、よい年の瀬をお過ごしくださいませ。

来年も多田屋で心よりお待ちいたしております。

投稿時間:17:00 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:スタッフ日記
 

こんにちは、客室係をしております岡村です。多田屋では苗字からとったニックネームで「おかむー」と呼ばれています。

 

昨年の11月に入社し、ようやく能登での1年を過ごしたばかりです。

時々かもしれませんが、ホームページのスタッフ日記で自分が感じた能登をアップしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 

さて、1年前能登に来たばかりの頃、能登をドライブしていてよく見るなぁと思った景色があります。それは瓦屋根の家。

 

現代では瓦屋根の家が減る中で、どこを見ても瓦屋根の家という景色が多いのが能登の特徴です。

 

re_%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%ad%e3%82%af%e3%82%99%e5%86%99%e7%9c%9f%e6%a1%882016-12-1%e2%91%a0

 

10月に出会った写真中央に写る女性も、この景色が好きで絵を描きに金沢から旦那様と来られたとのことでした。

 

以前担当させていただいたお客様にも、「瓦屋根がとても多く残っていてびっくりしたよ。」とのお話もいただきました。更には「こちらの瓦は艶があるけれど、珠洲焼(※能登の珠洲市にある焼き物)の瓦なの?」とご質問をいただきました。

 

そこで能登の瓦屋根について調べてみました。

 

まず、能登の光沢のある黒い瓦は、『能登瓦』という名前があります。
瓦の中でも釉薬瓦という種類で、粘土で瓦の形を整えたあとに、ガラス質の釉薬をかけて焼成するものです。高温で焼成するため、耐寒性に優れています。

この釉薬をかけて焼成することで光沢のある瓦がつくられています。

 

能登瓦の特徴は、より厚く釉薬が塗られ外側だけでなく内側にまで塗られる場合もあるそうです。

 

そのため海からの風雨にさらされても錆びることなく、北陸ならではの湿った雪をしっかり落とす効果があります。

 

こうして能登の気候風土に対応した美しい黒光りする屋根瓦がつくられています。

 

私自身能登瓦のことを知り、能登でのドライブが一層楽しくなりました。

皆様も能登ならではの気候や景色を楽しみに能登へいらしてください。

 

皆様のお越しを心よりお待ちいたしております。

 

 

投稿時間:16:45 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:スタッフ日記
 

みなさま、こんにちは!

入社半年を迎えました信田です。

 

生活にはやっと慣れた気がしていますが、日々の業務はまだまだ覚えることがいっぱいで、充実した毎日を送っています。

 

本日は、多田屋から見える海について書きたいと思います。

 

早速ですが「弁当忘れても傘忘れるな」という言葉をご存知でしょうか?

 

これは、車輌さん(お客様を送迎するバスを運転する方)から教えてもらった言葉で、北陸、山陰など日本海側の雨が降りやすく日照率の低い地域でよく用いられる格言なのだそうです。

 

同じように、和倉温泉のある能登も快晴の少ない地域のようです。

確かに、夏が過ぎると特に、雲一つない真っ青な空よりも、ベールをまとったような柔らかな色の空をよく目にすることが増えました。

 

それに伴うように、海も、ギラギラと光って波打つよりも、穏やかで水鏡のような姿をよく見かけます。

 

それは、和倉温泉に面する海が、七尾西湾と言って内側に入り組んだ地形となっており波があまり立たないからであるとも言えます。

 

いままで、海といえば、夏の海水浴場でのギラギラした青黒いイメージしかなかったのですが、淡い色の空と海が溶け合うような光景を見ていると、四季によって、場所によって、さまざまな表情を見せる海が近くにある生活の面白さを感じます。

 

多田屋は西を向いて建っており、夕日が美しく見えることを一つの特徴としていますが、実は、夕日以外にもたくさんの見所がございます。

 

海のさまざまな表情に出会いに、ぜひ、多田屋にお越しくださいませ。

 

re_r0010619

投稿時間:17:44 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:スタッフ日記
 

みなさま、こんにちは。
秋らしいひんやりした空気に、わくわくしている信田です。
はじめて経験する季節が足早に向かってきていることを感じ、とても楽しみな気持ちです。

 

さて、第6回の本日は、石川県の伝統野菜について書きたいと思います。
みなさま、金時草をご存知ですか?
「きんじそう」と読み、金沢市内で多く生産されている加賀野菜です。葉の裏側が紫色をしていて、その色が金時芋と似ていることから、この名前がついたと言われています。

 

この地に来てはじめて知った野菜で、味や由来についての情報は学んだのですが実際に食べたことはなく、ずっと興味を持っていました。

そんな折、近所のスーパーで見かけたので、思い切って購入して、調理してみました。今回はその感想をお伝えしたいと思います。

 

今回はおひたしとお味噌汁を作りました。

金時草の特徴は香菜の様な独特の香りとモロヘイヤのような粘りのある食感です。おひたしではその両方が顕著に現れるので、金時草を堪能したい方におすすめしたい食べ方でした。

一方で、お味噌汁は香りと粘り、どちらも和らぐので、食べやすく、多くの方に受け入れていただける味ではないかなと感じました。

 

私は料理の経験が少ないため、今回の挑戦は少し勇気がいりましたが、何事もやってみることによって新たな知識を得ることができると改めて感じました。次は、先日、県内にお住まいのお客様が、よく召し上がるとおっしゃっていた酢味噌和えに挑戦したいと思います。

 

加賀の伝統野菜である金時草、当館でも一部の献立で提供しています。
石川県の食文化に触れることができる多田屋に、ぜひともお越しくださいませ。

 

 

re_2016101301%e4%bf%a1%e7%94%b0 re_2016101302%e4%bf%a1%e7%94%b0

投稿時間:09:08 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:スタッフ日記