こんにちは。今日の能登は雪が降っております。もう3月9日なのに。。
さて、ブログでも何度かお話致しました、「2010年 能登和倉万葉の里マラソン」が3月7日に開催されました!
私は人生初のフルマラソン、父も10kmコースにそれぞれエントリーしており、父は本番に向けて朝3kmほど走っておりました。
不安を抱えながらもいざ当日。天候はみぞれ・・・。最高気温3℃というかなりハードなコンディションに、スタート前から心が折れそう。。
そんな気持ちから救ってくれたのが、当日一緒に走る友人達。スタート前にゼッケンに寄せ書きをしつつ、お互いの気持ちを高め合いました。それにしても寒い日でした。
marason2010.jpg
午前10時フルマラソンスタート!
最初から飛ばさないよう、ペースを抑え気味にして走る。天候さえ悪くなければ、自然豊かなそれはそれは風光明媚なコースなんです。
→ マラソン大会概要
天候とは裏腹に体調は良く、23kmくらいまでは筋肉の張りはあったものの、心肺的には問題なく楽しく走る事が出来ました。雨風は相変わらず降り続けていましたが、沿道や給水場で応援してくれる方々の応援が本当にありがたく、何とか足を引きずるようにしながら後半の8kmちょっとを走り、無事42.195km完走出来ました!
コース10km地点が折り返しになっているので、先に走っているランナーの方々を見ながら走っていたのですが、本当に皆さんしっかり練習なさっているのが伝わり、頭の下がる思いでした。
コースの25kmくらいからは湾岸の道なのですが、海風がすごい寒い最大の難所。手足が凍えて、体力とか心肺能力とかそういう問題ではなく、気力との勝負です。
私は当初の予定では30kmまで来たらもうずっと歩こうと思っていたのですが、寒くて歩いてもいられず、周りの方につられるようにして走っては歩きを繰り返していました。
完走してみて感じたのは、一生に一度はフルマラソンを完走したい!そして完走したらすぐにマラソン引退したい!と思っておりましたが、マラソンを応援して下さった方々の顔を思い出したら、また走っても良いかなあ~なんていう思いもしています。
今回完走出来たのも、アドバイスを頂いた佐藤さんや、前日ネックウォーマーをくれた友達、そして手袋を用意してくれた若女将など、沢山の方々のお陰です。どれか1つ足りなくてもゴール出来なかったように思います。フルマラソンを走り終わって見えた事は感謝と笑顔でした。
もしかしたらまた来年挑戦するかもしれません。今回応援して下さった皆様、本当にありがとうございました!

投稿時間:16:53 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若旦那日記