のとつづり

のとの店  

トップページ > のとの店 > 鳥居醤油店

とりいしょうゆてん

鳥居醤油店

http://www.toriishouyu.jp/

醤油づくりの作業場を見学することも!
能登でいちばん小さなこだわりの醤油屋さん

美しい手づくりの暖簾をくぐって店内に入ると、
ふわりとほのかに甘いお醤油の香りに包み込まれます。
ここ一本杉通りにある鳥居醤油店は、小柄で元気な女将さんが暖簾を守る、
大正15年創業の老舗の醤油店。
明治時代の建物は有形文化財に登録されています。
店舗に隣接する作業場で、女将自ら、昔ながらの製法で「醤油こうじ」を仕込むなど、
強い信念を持って醤油づくりと向かい合う醤油店。
瓶詰め、ラベル貼りに至るまで、すべてが昔の道具を使った手作業で行われています。

商品棚は、もともと明治時代の食器棚。
手づくりのお醤油やだしつゆ、
小さな容れ物に入った「おしょうゆケータイ」などが並びます。
また、代々受け継がれてきた古道具が、整頓された店内のあちらこちらに。

(左)地元能登産の大豆と小麦を木樽で2年間熟成させた天然仕込みの濃い口醤油。
150ml(320円)、500ml(640円)、1.8L(1,600円)
(右)淡口醤油をベースに、かつお、昆布、椎茸をふんだんに使った濃縮型のだしつゆ。
500ml(640円)、1.8L(1,900円)
※金額は2016年6月27日現在のものです

店舗の奥は長屋になっており、
隣接する作業場で醤油づくりのすべてが手作業で行われています。
鳥居醤油店では、多くの人に醤油づくりを知ってもらおうと、
作業場の案内を行っています。

鳥居醤油店三代目の鳥居正子さん。
鳥居家では、代々女性が店を継いでおり、
現在は正子さんが醤油づくりの一切を取り仕切っている。
元気な笑顔と大きな笑い声がトレードマーク。

明治時代初期から伝わるもろみ蔵。
醤油こうじと能登の塩、鳥居家の井戸水と合わせ、
もろみ蔵にある杉樽で二夏かけてじっくりと熟成させます。
蔵の中はどことなく厳かな空気が。

どっしりとしたこちらの大釜は、能登珠洲産の大豆を煮るための和釜。
いただきものの建築廃材を使っているそう。
いまでは、このような和釜を使う蔵はだいぶ少なくなってしまったのだとか。

軒先に掛けられた暖簾は、友人が一針一針、丹精込めてつくってくれた大切な作品。
暖簾の素材には、醤油もろみを絞る際に使う麻布が使われています。

手づくりにこだわる美味しいお醤油屋さん。女将の正子さんに会えれば、色んなお話を聞けたり、作っている所を見せてくれたりでさらに美味しさアップ!

多田 健太郎

多田 健太郎
多田屋6代目若旦那

鳥居醤油店 映像紹介

このお店に行く

多田屋から車で15分

〒926-0806
石川県七尾市一本杉町29

Google Mapsで見る

TEL:
0767-52-0368
営業時間:
09:00~18:30
定休日:
無休

http://www.toriishouyu.jp/

ここから近い風景

  • ここから車で15分

    竹林の中を歩く癒しの時間。 和倉温泉の「青林寺・和みの丘公園」

  • ここから車で35分

    能登の瓦はどうして黒い? 能登名物「黒い屋根瓦」の町並み

  • ここから車で40分

    日本海側で唯一ジンベエザメに会える! 見て!触れる!「のとじま水族館」

  • ここから車で45分

    能登湾を臨むローカル線の旅。 約100本の桜のトンネル「能登さくら駅」

  • ここから車で50分

    能登にも三軒茶屋が?! 海に寄り添う小さな町「三軒茶屋」

  • ここから車で50分

    日本海の荒波がつくり出した、 大自然の造形美「巌門」

  • ここから車で50分

    車で走れる砂浜は日本でここだけ! どこまでも続く「千里浜なぎさドライブウェイ」

紹介映像紹介映像