2008年09月のアーカイブ
2008.09.21
彼岸花  ( 若旦那日記

こんにちは。
昨日能登のお祭り「お熊甲祭り」を見に行く機会をいただき、若女将も一緒に出かけてきました。
毎年9月20日に行われ、地元の人が代々受け継ぐ地方色豊かなお祭りです。赤い旗を町の若集が担いで練り歩き、お宮の前でその旗をお宮にぶつかるくらいの勢いで突撃するのが見どころの一つです。
同級生にも何人か会う事ができ、本当にその町の人が大切にしている祭りなんだなぁっと感じました。
resize1820.jpg
そんなお祭りの帰りに秋の季語でもある彼岸花を見つけました。
なんででしょうか、彼岸花を見ると懐かしいような気持ちになります。この辺でもどこにでも咲いている訳ではなく、群生しているのは久しぶりに見ました。
お祭りから1日経った今日は雨。気温も随分涼しくなり、また一歩秋の色が濃くなったようです。
皆さんの秋はなんですか?
resize1819.jpg
花言葉は、「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」。

投稿時間:16:10 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若旦那日記
 
2008.09.15
月が綺麗な夜に  ( 若旦那日記

こんにちは。
月の美しい夜が続いてますね~。9月の連休は何をしてお過ごしだったでしょうか?
私は昨夜仕事の後に、和倉温泉から車で15分の場所で行われる祭りに「お呼ばれ」をして来ました。
お呼ばれとは読んで字のごとく「お祭りに呼んでいただく」と言う事なのですが、呼んでいただいた先では本当に温かくご家族で迎えてくれます。
御料理とお酒や飲物がご用意されており、広いお座敷で沢山の方と一緒にいただきます。呼んでくれた友人は居なくても、そこのご家族と一緒に楽しい時間を過ごすんです。
若女将は知らない方と一緒にご飯を食べる能登のお祭りに最初かなり戸惑ったようですが、昨日は1人でお呼ばれに出かけていきました。たくましくなったものです。
私がお呼ばれした能登島のお祭りで、「あ~、これぞ能登。田舎の特徴だなぁ~。」っと思った事があります。それはお呼ばれで初めて会う方と話をすると、「どこの人?」「仕事は?」「お父さんの名前は?」この3つの質問の内どれかを聞かれます。昨日も一緒に出かけた友人が「おじいさんの名前」を聞かれて、「あ~~!○○さんの孫か!」っといっぺんに素性がわかりました。
素性が分かるとさらに親密に仲良く話しかけてくれ、楽しい時間はすぐに経つのでした。
もう一つ良い所。お祭りで沢山の方がお呼ばれするので、お招きした家は家族&親族が集まっておもてなしをします。そうすると、その家の子供はお呼ばれした人がお相手をするので、子供は沢山の方の愛情をいただいて育つ事になります。これって素晴らしい事だなぁっと思いました。
今回は在所のお祭りと言う事で、全国的に有名な訳でもなく、地元の方がお呼ばれで集まる小さなお祭りですが、その分地元色も強くアットホームでのんびりした温かなお祭りでした~。
呼んで下さった先輩&ご家族の皆様。ありがとうございました!
resize1817.jpg

投稿時間:10:16 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若旦那日記 / コメント: (1件)
 
2008.09.08
新顔登場!  ( 若女将日記

みなさん、こんにちは。
旅館に新しい顔ができました。
私の弟?妹分です☆↓
http://notonote.exblog.jp/9660409/

投稿時間:16:55 / 投稿者:若女将
カテゴリー:若女将日記
 

■ 多田屋の予約サイトが新しくなりました。
・4つあるお部屋タイプも画像でイメージが伝わりやすいようになりました! 新サイトはこちら
・予約の際に「多田屋インターネット会員」に登録いただくと、季節&お得な情報を不定期ですが配信させていただきます。また、次回からの登録も簡単になります。
多田屋ホームページ → 宿泊予約 → オンライン予約 から 「お部屋タイプ別&日程別あき状況」をご確認でき、「該当プラン」よりお部屋タイプごとの「宿泊プラン一覧」が表示されます。
お部屋タイプごとの「宿泊プラン一覧」よりどちらかを選びますと、「プランで選ぶ」という項目がトップに表示され、お部屋タイプではなく、プランからお部屋タイプの確認をしていただけます。
貴賓室・利久が「10周年特別企画」として1日2組限定で特別プライスにてご用意しております。
また、既に旧予約サイトよりご予約をいただいておりまして、キャンセルをご希望の場合には、大変お手数ですが、お電話または、e-mail にてご一報お願い致します。

投稿時間:09:04 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:お知らせ / コメント: (1件)
 
2008.09.03
9月に入って  ( 若旦那日記

ブログをご覧いただきまして、ありがとうございます!
雨の少ない暑い夏となりました今年の夏休み。遠方にもかかわらず沢山の方にお越し頂きました事を深く御礼申し上げます。
今年は7月も雨が少ないなぁ~っと思っていたら、8月末から雨が降る日が全国的に増え、能登も雨の日、残暑が厳しい日、そして秋らしい日が入れ替わりでやって来ています。
でもちょっと周りを見渡すと、秋の植物がどんどん大きく成長し、日々着実に季節が移り変わっていく事を教えてくれているようです。
秋の七草。なかなか覚えられず、こういうのがポンって言えたら良いなぁと毎年思います。
・萩(はぎ) ・桔梗(ききょう) ・葛(くず) ・藤袴(ふじばかま) ・女郎花(オミナエシ) ・尾花(おばな/すすき) ・撫子(なでしこ)
五・七・五 のリズムで覚えると覚えやすいそうです。今年はこれで頑張って覚えてみます!
先ほどちょっと若女将に覚えた七草を聞いてもらったら、早速一つ間違えて、オバマ(米大統領候補)じゃなくてオバナ(尾花)だよ!ってつっこまれました・・・。今年も難しそうです。
さて、ここでお知らせを一つ。
・近日中に多田屋の予約サイトがリニューアル致します。
・多田屋インターネット会員も募集し、季節の情報やお得な情報を不定期ではありますが発信させていただきます。
綺麗な夕景の日の写真なんかもメールでお送りしたいなぁなんて思っております。
ではここで、最近の夕景を一枚。 皆様のご登録お待ち致しております。
resize1781.jpg

投稿時間:09:01 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若旦那日記 / コメント: (4件)
 

: ABOUT US:
Located in the renowned hot springs village of Wakura Onsen, Tadaya ryokan is a traditional Japanese inn surrounded by gorgeous vistas of sky and sea. Visitors enjoy soothing open-air baths, delectable seasonal cuisine, and the peace of mind that comes from spending time close to nature.
Tadaya has been run by the same family for five generations since opening in 1855. Unlike the area’s other ryokan, which occupy tall, modern-style buildings, Tadaya features a classic one-story hiraya layout that stretches toward Nanao Bay, and sits on a small hill renowned for its gorgeous sunsets.
Tadaya offers boat cruises from its very own pier, as well as easy access to the charming shops and restaurants of downtown Wakura Onsen. But after luxuriating in baths and breathing the fresh ocean air, guests may decide never to leave the sheltered sanctuary of the Ryokan itself.
yukeei.jpg
: Guestrooms :
Tadaya ryokan offers three types of guestrooms, each with a distinctive mood and a focus on comfort and relaxation.
“Standard rooms” feature calming garden or ocean views, with the option of eating in or dining at Tadaya’s fashionable restaurants.
shio003.jpg
“Tsubaki An” rooms showcase the restrained beauty of classic Japanese design known as wabi. Combining comfort and elegance, these accommodations provide guests with a tasteful and tranquil atmosphere.
resize1708.jpg
“Rikyu” rooms are based on early 20th-century Taisho-style architecture, offering spacious interiors, luxurious furniture and ocean vistas. Visitors staying in these rooms, which are located in an outlying building that overlooks the bay, will feel enveloped in the arms of the ocean.
resize1709.jpg
“Hou Getsu” rooms offer both Japanese and Western style designs incorporating a traditional sense of nature in order to soothe and relax. All rooms have luxurious private outdoor rotenburo baths perfectly situated with exquisite views of the mountains and ocean. Experience glorious breath-taking sunsets.
resize1710.jpg
: Cuisine :
Tadaya ryokan’s sumptuous cuisine is prepared with fresh ingredients supplied by the farmers and fishermen of nearby Noto Peninsula. The ever-changing menu features seasonal specialties, including sea bream in spring, rock oyster and abalone in summer, matsutake mushrooms in autumn, and snow crab and yellowtail in winter.
resize1712.jpg
: Onsen :
The curative properties of Wakura Onsen have been celebrated for over 1,200 years. Locals claim that the 87F waters, rich in salt and chlorine, can alleviate just about any physical ailment. Today, visitors enjoy another benefit—the hot springs offer a perfect tonic for the stressed-out spirit.
Tadaya’s 18-meter-long baths can accommodate men, women and families, and they provide splendid views of the bay beyond the wall-size windows. Outdoor rotenburo baths, including one that’s situated just 2 meters from the sea, allow guests to experience a more direct connection with the area’s breathtaking natural beauty.
resize1711.jpg
: Access :
By plane
・45 minutes by taxi from Noto Airport
・1 hr flight from Tokyo, Haneda Airport
By train
Pick up service available from Wakura Onsen station
Wakura Onsen station is …
・5 hrs 40 mins from Tokyo by JR Nozomi Express and Thunderbird Express.
・3 hrs 30 mins from Osaka by Thunderbird Express
・3 hrs 55 mins from Nayoya by Shirasagi Express
By car
Nearest Exit: Wakura I.C on the Noto Toll Road
・6 hrs 30 mins from Tokyo by the Kanetsu and Hokuriku Highways
・5 hrs from Osaka by the Meishin and Hokuriku Highways
・4 hrs from Nagoya by the Meishin and Hokuriku Highways
: Contact us :
e-mail : info@tadaya.net
phone : 0767-62-3434 (sorry, only speaking Japanese)
fax: 0767-62-2135

投稿時間:11:34 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:お知らせ / コメント: (2件)
 
2008.09.21
彼岸花  ( 若旦那日記

こんにちは。
昨日能登のお祭り「お熊甲祭り」を見に行く機会をいただき、若女将も一緒に出かけてきました。
毎年9月20日に行われ、地元の人が代々受け継ぐ地方色豊かなお祭りです。赤い旗を町の若集が担いで練り歩き、お宮の前でその旗をお宮にぶつかるくらいの勢いで突撃するのが見どころの一つです。
同級生にも何人か会う事ができ、本当にその町の人が大切にしている祭りなんだなぁっと感じました。
resize1820.jpg
そんなお祭りの帰りに秋の季語でもある彼岸花を見つけました。
なんででしょうか、彼岸花を見ると懐かしいような気持ちになります。この辺でもどこにでも咲いている訳ではなく、群生しているのは久しぶりに見ました。
お祭りから1日経った今日は雨。気温も随分涼しくなり、また一歩秋の色が濃くなったようです。
皆さんの秋はなんですか?
resize1819.jpg
花言葉は、「悲しい思い出」「想うはあなた一人」「また会う日を楽しみに」。

投稿時間:16:10 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若旦那日記
 
2008.09.15
月が綺麗な夜に  ( 若旦那日記

こんにちは。
月の美しい夜が続いてますね~。9月の連休は何をしてお過ごしだったでしょうか?
私は昨夜仕事の後に、和倉温泉から車で15分の場所で行われる祭りに「お呼ばれ」をして来ました。
お呼ばれとは読んで字のごとく「お祭りに呼んでいただく」と言う事なのですが、呼んでいただいた先では本当に温かくご家族で迎えてくれます。
御料理とお酒や飲物がご用意されており、広いお座敷で沢山の方と一緒にいただきます。呼んでくれた友人は居なくても、そこのご家族と一緒に楽しい時間を過ごすんです。
若女将は知らない方と一緒にご飯を食べる能登のお祭りに最初かなり戸惑ったようですが、昨日は1人でお呼ばれに出かけていきました。たくましくなったものです。
私がお呼ばれした能登島のお祭りで、「あ~、これぞ能登。田舎の特徴だなぁ~。」っと思った事があります。それはお呼ばれで初めて会う方と話をすると、「どこの人?」「仕事は?」「お父さんの名前は?」この3つの質問の内どれかを聞かれます。昨日も一緒に出かけた友人が「おじいさんの名前」を聞かれて、「あ~~!○○さんの孫か!」っといっぺんに素性がわかりました。
素性が分かるとさらに親密に仲良く話しかけてくれ、楽しい時間はすぐに経つのでした。
もう一つ良い所。お祭りで沢山の方がお呼ばれするので、お招きした家は家族&親族が集まっておもてなしをします。そうすると、その家の子供はお呼ばれした人がお相手をするので、子供は沢山の方の愛情をいただいて育つ事になります。これって素晴らしい事だなぁっと思いました。
今回は在所のお祭りと言う事で、全国的に有名な訳でもなく、地元の方がお呼ばれで集まる小さなお祭りですが、その分地元色も強くアットホームでのんびりした温かなお祭りでした~。
呼んで下さった先輩&ご家族の皆様。ありがとうございました!
resize1817.jpg

投稿時間:10:16 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若旦那日記 / コメント: (1件)
 
2008.09.08
新顔登場!  ( 若女将日記

みなさん、こんにちは。
旅館に新しい顔ができました。
私の弟?妹分です☆↓
http://notonote.exblog.jp/9660409/

投稿時間:16:55 / 投稿者:若女将
カテゴリー:若女将日記