2008年08月のアーカイブ

こんにちは。暑い夏皆さんいかがお過ごしでしょうか?
私は暑さにも負けず、着物を着て毎日旅館をぐるぐる走り回ってます。そんな私の夏バテ対策の秘密は!
http://notonote.exblog.jp/9424771/

投稿時間:19:48 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若女将日記
 

こんにちは。皆様におかれましては、夏の日々をいかがお過ごしでしょうか?
私は都市部で生活していた頃がどんどん過去になり、能登での生活が当たり前になりつつある今日この頃。昨日和倉温泉の夏祭りの当番で、縁日広場に行って来ました。
時間は8時ごろになると、夕食を終えたご家族連れのお客様が沢山お祭りにお出掛けになります。多田屋は和倉温泉でも丘に1軒だけ建っているため、他の旅館さんの浴衣を見る機会も少ないのですが、お祭りには沢山の宿から色んな浴衣を着た方々を見ることが出来ました。
沢山の方々の中で、多田屋の浴衣を着たお客様を見るとちょっと嬉しい気持ちになります。
私のお祭りでの役割は、ナイトクルージングのチケット販売員。3便出る内の2便が満席になるほどの盛況ぶり。満席でお断りした方本当にごめんなさい。
会場では太鼓ショーや、お子様によるスイカ割り大会、景品がもらえる抽選会が行われており、アナウンサーの、「どこからいらっしゃったんですか~?」と言う質問をよく聞く事ができました。
東海北陸自動車道が便利になったせいか、愛知県の方が多かったように思います。その他にも東京や大阪などの大都市圏から沢山いらっしゃっていただいておりました。
ガソリン代が高い中、和倉温泉に来て下さってありがとうございます!
縁日は8月30日まで続きます。夜8時に多田屋から縁日までのバスがでますので、和倉へお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。
今日の一枚は、多田屋貴賓室・利久からの夕景です。海まですぐ側のお部屋は、季節毎の風が吹き抜け、懐かしい感情を呼び覚ましてくれます。
resize1749.jpg

投稿時間:15:08 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若旦那日記
 

お盆期間中少ない数ではございますが、お部屋を出させていただきました。
お問合せ方法はお電話になりますが、この機会にぜひ能登へお出掛け下さい。
料金もお盆から夏休みにかけてスペシャルプライスをご用意致します。下記はお盆の期間のスペシャルプライスプランの空き状況です。
■ 8月13日(水)・・・本館タイプ ②、椿庵タイプ ①、利久タイプ ②
■ 8月15日(金)・・・利久タイプ ②
■ 8月16日(土)・・・本館タイプ ②、椿庵タイプ ①、利久タイプ ②
■ 8月17日(日)・・・利久タイプ②
-夏情報-
● わくわく夏まつり (8月1日~8月30日)
わくわくプラザの縁日広場では、期間中、輪投げやボールすくい、射的などの夜店が軒を連ね、懐かしい縁日が行われます。イベントやゲームコーナー、ナイトクルージング、抽選会など楽しさ満載です。当館への送迎バスあり。
resize08889.jpg
● 和倉温泉シーサイドパーク (7月26日~8月25日)
・円形、流水、子供用、ウォータースライダーを備えた海浜プールです。当館より徒歩3分!
・営業時間 9時~18時
・入園料 大人600円  子供300円  幼児100円
resize0876.jpg
● のとじま水族館
・約4万匹の魚やペンギン、アザラシ、ラッコなど、まさに海の宝庫。平成19年にオープンしたトンネル水槽は、上下左右いろんな角度から魚達を観察できる、まさに海中トンネルです。イルカショーも人気。和倉温泉よりお車で約20分。
・営業時間 9時~17時
・入館料 大人1,320円  子供400円
resize0937.jpg
● マリンパーク海水浴場
・波穏やかな七尾湾に面した海水浴場。周辺にはひょっこり温泉島の湯などが隣接しており、リゾート気分が楽しめます。和倉温泉よりお車で約12分。
resize0883.jpg
● 和倉温泉 夏花火  8月7日(木)
・海辺にある和倉温泉でなければ見れない名物空中・水上3尺玉をはじめ、打ち上げ花火を千数百発上げ、夏の夜空を焦がす北陸屈指の花火大会です。
resize0892.jpg

投稿時間:10:14 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:お知らせ / コメント: (2件)
 
2008.08.02
8月突入!  ( 若旦那日記

夏本番!田舎の風は気持ち良いですよ~。
お客様もご家族の方が増え、海やプールで楽しんで真っ黒なお子様を見ると、遠く忘れた「夏休み」と言う言葉を思い出します。
そうは言っても、先月末に若女将のご両親がいらして、私達夫婦がお世話になっているフーさんの畑に一緒に行って来ました。そこは夏野菜の宝庫!ご両親や若女将は野菜をとったり、能登の事をフーさんから習ったり、私はもっぱら写真を撮っていました。
能登の夏はお盆までと言います。お盆を過ぎると少しずつ風が秋を感じるようになるからでしょうか。
あっという間に過ぎ行く季節をじっと受け止めているミニトマトさんにスポットを当てて見ました。
minitomato.jpg

投稿時間:18:08 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若旦那日記
 

こんにちは。暑い夏皆さんいかがお過ごしでしょうか?
私は暑さにも負けず、着物を着て毎日旅館をぐるぐる走り回ってます。そんな私の夏バテ対策の秘密は!
http://notonote.exblog.jp/9424771/

投稿時間:19:48 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若女将日記
 

こんにちは。皆様におかれましては、夏の日々をいかがお過ごしでしょうか?
私は都市部で生活していた頃がどんどん過去になり、能登での生活が当たり前になりつつある今日この頃。昨日和倉温泉の夏祭りの当番で、縁日広場に行って来ました。
時間は8時ごろになると、夕食を終えたご家族連れのお客様が沢山お祭りにお出掛けになります。多田屋は和倉温泉でも丘に1軒だけ建っているため、他の旅館さんの浴衣を見る機会も少ないのですが、お祭りには沢山の宿から色んな浴衣を着た方々を見ることが出来ました。
沢山の方々の中で、多田屋の浴衣を着たお客様を見るとちょっと嬉しい気持ちになります。
私のお祭りでの役割は、ナイトクルージングのチケット販売員。3便出る内の2便が満席になるほどの盛況ぶり。満席でお断りした方本当にごめんなさい。
会場では太鼓ショーや、お子様によるスイカ割り大会、景品がもらえる抽選会が行われており、アナウンサーの、「どこからいらっしゃったんですか~?」と言う質問をよく聞く事ができました。
東海北陸自動車道が便利になったせいか、愛知県の方が多かったように思います。その他にも東京や大阪などの大都市圏から沢山いらっしゃっていただいておりました。
ガソリン代が高い中、和倉温泉に来て下さってありがとうございます!
縁日は8月30日まで続きます。夜8時に多田屋から縁日までのバスがでますので、和倉へお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。
今日の一枚は、多田屋貴賓室・利久からの夕景です。海まですぐ側のお部屋は、季節毎の風が吹き抜け、懐かしい感情を呼び覚ましてくれます。
resize1749.jpg

投稿時間:15:08 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若旦那日記
 

お盆期間中少ない数ではございますが、お部屋を出させていただきました。
お問合せ方法はお電話になりますが、この機会にぜひ能登へお出掛け下さい。
料金もお盆から夏休みにかけてスペシャルプライスをご用意致します。下記はお盆の期間のスペシャルプライスプランの空き状況です。
■ 8月13日(水)・・・本館タイプ ②、椿庵タイプ ①、利久タイプ ②
■ 8月15日(金)・・・利久タイプ ②
■ 8月16日(土)・・・本館タイプ ②、椿庵タイプ ①、利久タイプ ②
■ 8月17日(日)・・・利久タイプ②
-夏情報-
● わくわく夏まつり (8月1日~8月30日)
わくわくプラザの縁日広場では、期間中、輪投げやボールすくい、射的などの夜店が軒を連ね、懐かしい縁日が行われます。イベントやゲームコーナー、ナイトクルージング、抽選会など楽しさ満載です。当館への送迎バスあり。
resize08889.jpg
● 和倉温泉シーサイドパーク (7月26日~8月25日)
・円形、流水、子供用、ウォータースライダーを備えた海浜プールです。当館より徒歩3分!
・営業時間 9時~18時
・入園料 大人600円  子供300円  幼児100円
resize0876.jpg
● のとじま水族館
・約4万匹の魚やペンギン、アザラシ、ラッコなど、まさに海の宝庫。平成19年にオープンしたトンネル水槽は、上下左右いろんな角度から魚達を観察できる、まさに海中トンネルです。イルカショーも人気。和倉温泉よりお車で約20分。
・営業時間 9時~17時
・入館料 大人1,320円  子供400円
resize0937.jpg
● マリンパーク海水浴場
・波穏やかな七尾湾に面した海水浴場。周辺にはひょっこり温泉島の湯などが隣接しており、リゾート気分が楽しめます。和倉温泉よりお車で約12分。
resize0883.jpg
● 和倉温泉 夏花火  8月7日(木)
・海辺にある和倉温泉でなければ見れない名物空中・水上3尺玉をはじめ、打ち上げ花火を千数百発上げ、夏の夜空を焦がす北陸屈指の花火大会です。
resize0892.jpg

投稿時間:10:14 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:お知らせ / コメント: (2件)
 
2008.08.02
8月突入!  ( 若旦那日記

夏本番!田舎の風は気持ち良いですよ~。
お客様もご家族の方が増え、海やプールで楽しんで真っ黒なお子様を見ると、遠く忘れた「夏休み」と言う言葉を思い出します。
そうは言っても、先月末に若女将のご両親がいらして、私達夫婦がお世話になっているフーさんの畑に一緒に行って来ました。そこは夏野菜の宝庫!ご両親や若女将は野菜をとったり、能登の事をフーさんから習ったり、私はもっぱら写真を撮っていました。
能登の夏はお盆までと言います。お盆を過ぎると少しずつ風が秋を感じるようになるからでしょうか。
あっという間に過ぎ行く季節をじっと受け止めているミニトマトさんにスポットを当てて見ました。
minitomato.jpg

投稿時間:18:08 / 投稿者:若旦那
カテゴリー:若旦那日記